目を閉じている女性

クマも解消する

パックをする女性

目の下にできたたるみを取る方法で効果のある治療は、脱脂術があります。脱脂術では、目の下のたるみである原因の過剰脂肪を取り除くことが出来ます。この脂肪を切除することでたるみである根本的な原因を取り除くことができます。

手術方法として、下まつげの生え際から切開をして、そこから脂肪を取り除く簡単な手術になります。下まぶたの裏側に小さな穴を開けて脂肪を取り除く下眼瞼脱脂術や経結膜脱脂術もあります。これらの手術では、傷口などがわかりにくいことから切らない脱脂術と言われています。
ヒアルロン酸などの注入系の治療では、永久的な効果を持続することができません。しかし、この脱脂術では、半永久的に効果を持続することができます。一度の手術だけでよいので、手間などがかかりません。

たるみが原因でクマができる事もあります。それらのクマは、脱脂術を行うことでたるみと同時にクマも消すことができます。一度の手術によって2つの症状を解消することができるのでとても人気のある治療になります。この手術によって目元がグッと若返り、この脱脂術によって明るい表情を手に入れることができます。

目の下にできるたるみを解消するためには、いろいろな治療方法があります。軽度なたるみの場合には、脱脂術ではなく、リフトアップ効果を得ることができる知慮を行うになります。金の糸やボトックス注入などの施術があります。金の糸は顔全体に美容効果を得ることができます。また、ボトックス注射は、気軽に行うことができるので若い女性などに人気があります。